• ホーム
  • アジスロマイシンとクラリスロマイシンDSの違い

アジスロマイシンとクラリスロマイシンDSの違い

危険なウィルス

アジスロマイシンとクラリスロマイシンDSは共に体内の細菌の繁殖を抑える薬です。
通常この2つの薬に何の違いがあるのかというと、基本的にはアジスロマイシンもクラリスロマイシンDSもマクロライド系の抗生物質なのですが、クラリスロマイシンDSの方が小児用に開発された医薬品が多いという事が挙げられます。
また、アジスロマイシンとクラリスロマイシンDSを比較した場合、吸収力が良く持続時間が長いのはクラリスロマイシンDSの方なので、服用する時間もこちらの医薬品の方が少なくて済むという違いがあります。

尚、飲み合わせや食べ合わせの面では、アジスロマイシンの方が飲み合わせの悪い薬というのは少ないので、食べ合わせ等が気になる場合には、アジスロマイシンを服用するようにした方が無難と言われています。
アジスロマイシンの場合には病状によって飲み方が異なるという特徴があるので、医師の指示に従って病状と相談しながら服用する事が必要です。
効果の出る病気に関してはクラリスロマイシンDSの方が圧倒的に多く、多くの病に用いられて治療されているので、クラリスロマイシンDSの方がアジスロマイシンよりも多くの病に処方される可能性があります。