• ホーム
  • クラリスロマイシンDSの注意事項

クラリスロマイシンDSの注意事項

考えている男性

クラリスロマイシンDS10%小児用「タイヨー」は、マクロライド系の抗生物質で、通常、呼吸器感染症や耳鼻科領域感染症、皮膚科領域感染症の治療などに使われます。
また、エイズに伴う播種性マイコバクテリウム・アビウムコンプレックス症の治療に使われることもあります。

注意事項は、以前にこの薬を服用してかゆみや発疹などのアレルギー症状が出た方や妊娠または授乳中の方、他の薬も使っている方などは、使用前に担当医か薬剤師に相談する必要があることです。

用法・容量は、通常、小児には1日に体重1kgあたり10~15mgを2~3回に分けて経口投与します。
レジオネラ肺炎の場合は、1日体重1kgあたり15mgを2~3回に分けて経口投与します。
容量は年齢や症状によって増減します。

この薬の主な副作用には、発疹・幻覚・失見当識・意識障害・せん妄・躁病・耳鳴り・聴力低下・嗅覚異常・口内びらん・歯牙変色・手足の震え・しびれ・カンジタ症・動悸・筋肉痛などがあります。
このような症状がみられたら、使用を中止し、担当医か薬剤師に相談する必要があります。

保管場所は、直射日光や高温・多湿を避け、子どもの手が届かないところにします。
また、薬が残ってしまったときは、保管せずに破棄しなければいけません。

アーカイブ
サイト内検索