• ホーム
  • 伝染病である性病の助けとなるアジスロマイシン

伝染病である性病の助けとなるアジスロマイシン

アジスロマイシンを含有する医薬品が市場に出回るようになったことは性病に悩まされる人にとって大きな助けとなりました。
日本において最も患者数が多いとされる性病はクラミジアに対する感染であり、その治療には古くから用いられているβラクタム系の抗生物質は有効ではありません。
アジスロマイシンはマクロライド系に属する抗生物質としてクラミジアに対して著効を示すことに加え、血中での半減期が長いことから服用回数も少なくてよいというメリットがあります。
クラミジア感染で薬を飲んでいる姿も人に見られる心配がなく、性病にかかって人目を気にするようになってしまった患者には救済とも言えるのがアジスロマイシンの登場だったのです。
性病は伝染病であって人から人へとうつるものであり、一人の人が複数の性病に感染することもあります。
そのため、クラミジアに感染していたことがわかった場合には、他の性病についても疑いを持つことが大切です。

伝染病として同じような感染経路を持つことから性病として一括りにされているため、疑いを持つべきは性病だけでも差し支えないでしょう。
クラミジアの症状よりも後になって症状が現れて着やすいものに尖圭コンジローマがあります。
特徴的なイボができるために見た目でもわかりやすいものの、びまん性のばあいには湿疹と誤診される場合もあります。
びまん性であっても接触感染する伝染病であり、ただの湿疹だと思ってうっかり性行為の際に触れてしまって感染してしまうこともあるので注意が必要です。
びまん性の場合にはクリームを塗るだけで治療が可能であることから恐れる必要性は高くないものの、早期治療を行うことと予防をすることは忘れないことが大切です。